×

商品はこちら

HOME»  おすすめのお品»  神話拓殖»  夫婦円満 ペアセット

夫婦円満 ペアセット

【夫婦円満】
夫婦仲が良く、不和や争いごとのないように祈願するものです。

※歓喜天の御姿と魔除けの鈴がぐるりと一周して描かれています。

**歓喜天**
歓喜天(かんぎてん)とは、お姿は象頭人身(ぞうずにんじん)で、
礼拝の対象にする神像は、男女二神が抱き合っています。
抱き合った二神のうちの男神は、インドのヒンドゥー教の最高神であるシヴァの長子で魔神ですが、女神は仏教の十一面観音の化身です。
魔神の働きを封じて仏教へ導く方便として女神となり、抱きついて歓心を起こさせ、暴挙を鎮めた為、歓喜天と呼ばれるようになったのです。

そのような訳から、歓喜天を信仰すれば、夫婦和合(夫婦円満)、子授けにご利益があり、
また、あらゆる障害や困難を取り除き、何かを断つ祈願を成就させるとも云われています。

**鈴**
楽器の中でも高い音を出す鈴の音には邪を払い、縁起の良いものを呼び寄せると言われ、"魔除け"や"健康祈願"の意味も含まれています。
深く染みわたるように広がる音色は、場を清めて心を浄化してくれる働きがあります。
また、祈りや供養の心を、この美しい音にのせて極楽浄土に届けるといういわれもあります。

**菱紋**
両端に描かれている菱文様は紀元前より見られ、
正倉院の宝物をはじめ、染織物や木工品などにも見られます。
文様である菱紋は、ヒシの実またはヒシの葉を図案化したものと言われています。
ヒシ(菱)は、菱形で両端に逆向きの2本の鋭いトゲがある
硬い実をつける事から、悪を退散させ、魔を除けるとされています。

**柘植**

材質:柘植

産地:東南アジア

万葉集の時代から、堅く変わらない絆を象徴する縁起物とされており
「もめごとを解きほぐす」という意味合いがこめらえていると伝えられています。
黄褐色の優しい色合いをしており、
ほかの木よりもゆっくりと成長する為、
緻密で割れにくく、耐久性に優れる木だとされています。
それらのことから堅忍 禁欲 冷静などの意味を持つと言われています。

  • 夫婦円満 ペアセット

  • 販売価格

    48,400円(税込)

  • 在庫

    Soldout

在庫切れボタン

  • (スペック) 拓殖玉1.2cm/水晶8mmボタンカット/ガ-ネット10mm/ム-ンスト-ン10mm/ラピスラズリ10mm
    サイズ/ ゴムfree

    *こちらのお品はペア売りです。1本希望のお客様はお問合せくださいませ。

関連商品

CATEGORY

CONTENTS