×

商品はこちら

HOME»  おすすめのお品»  勾玉»  勾玉置物 【繁栄と長寿】

勾玉置物 【繁栄と長寿】

勾玉の歴史は、日本、中国、朝鮮半島で勾玉が出土したことから始まり、日本で出土したものが最古の勾玉と言われています。

日本では縄文時代には勾玉が使われており、最初は形が不定形でしたが、後に今の形になったと言われています。
古代の日本では、自分に合った種類の石からエネルギーを感じ、その石を「勾玉」にすることで、より石の力を感じようとしていました。
神話では、日本を創ったイザナギノミコトとイザナミのミコトが、天を治める天照大御神に勾玉を授けたと言われています。
後に天照大御神は、日本を治めるニニギノミコトという神に草薙剣(くさなぎのつるぎ)と八咫鏡(やたのかがみ)と共に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を託します。
これらを三種の神器と言い、ニニギノミコトは天皇家の始祖であったため、「八尺瓊勾玉を持つ者は天皇を継ぐ者である」とされ、非常に重要な神器とされていました。

 

  • 勾玉置物 【繁栄と長寿】

  • 販売価格

    41,800円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 勾玉は魔除けや厄除け、開運効果などお守りとしての効果の他に、持ち主の健康や生命力を向上させ、能力を高めるなどのスピリチュアル効果があります。

    また、勾玉は胎児の形に似ていることから、女性には安産のお守りとして人気があり、他にも女性が勾玉を持つと美しくなれる、男性が持つと仕事運が上がるとも言われています。
    ご年配の方ですと長寿のお守りとしても人気がございます。
  • 【お取り扱い石】
    ◇ 勾玉 瑪瑙 10cm×6cm×厚3.5cm
    ◇ 結飾り 緑

関連商品

CATEGORY

CONTENTS